音楽経験ゼロでもできるウクレレ講座

音楽が全くダメな人でもできる!
ウクレレ講座のおすすめをご紹介します。

初心者がウクレレを練習するコツとは?

初心者がウクレレを練習するコツというものがあります。

ここでいう初心者とは、音楽がまったくわからない、楽譜のドレミが理解できないレベルの初心者の方を指していますが、 そういう方がウクレレをはじめたいと思ったときに、頭にとどめておいてほしいことがあります。



それは、プロを徹底的に観察して参考にするということ。

意味が分かりづらいかもしれませんが、初心者がウクレレを練習しようと思ったとき、 例えばウクレレ教室に通ったり、ウクレレ専用の教材を利用したり、動画を観たりしますよね。

教室へ行けば、講師という名のウクレレのプロがいますし、 教材に関しても最近は映像を利用したものが多く、そういった教材ではプロの演奏を目にすることができます。

そんなプロのウクレレの演奏を、徹底的に観察するのです。



単純に音を楽しむのではなく、
ウクレレの構え方や手の使い方、弾き方などをよく見ます。

動画であれば、何度も繰り返してみます。
そしてフォームなどを真似してみるのです。



音楽でも美術でもなんでも、
「真似すること」は非常に効率的な練習方法です。

真似しようと思っても、プロの手さばきをすぐにまねするなんて難しいとは思いますが、 とにかくよく観察してください。

そしてできなくても構わないので、
真似することを意識しながら練習してみます。

繰り返しているうちに、自分で勝手に練習するよりも早く正確に、テクニックなどを身に付けられることに気づくはずです。

何のためにウクレレを練習しているのかを考える

ウクレレは他の楽器と比較すると簡単な方だといわれますが、それなりに弾けるようになるまでは時間がかかりますし、 初心者にとっては簡単とはいえません。

特に音楽の知識がない人が、ウクレレのような楽器を習得するのは時間がかかります。

覚えることがたくさんありますし、
ウクレレの練習も相当しなくてはなりません。

軽い気持ちで始めた人だと、途中で挫折する可能性が高いです。



とはいえ、辛くて面白くない練習を
コツコツやり続けるのは、おすすめしません。

そもそも、ウクレレの練習を始めた理由って、ウクレレを弾くことを楽しみたいからですよね?

楽しくウクレレを弾きたいと思ってはじめたのに、
辛い練習ばかりで弾くのがイヤになりそうになっては、意味がないと思いませんか?



しかし、辛い練習ばかりでは意味がない
とはいっても、練習なしでウクレレをうまく弾くことはできません。

なので練習を続けているけれど、しんどくてウクレレ辞めたい…。

…となる前に考えてほしいのが、練習方法。
あなたは、どんなやり方でウクレレを練習をしているでしょうか?

ある程度難しい奏法を習得しようとしているのなら、辛い練習も仕方がありませんが、 初心者が簡単なウクレレの曲を弾くくらいの練習であれば、 練習の仕方さえ工夫すればそれほど苦しむことはないはずです。



例えば、私が知っているウクレレの講座では、
映像を使って講師の方がウクレレのレッスンを行うものがあります。

その講座では、楽譜がまったく読めない人であっても、すぐにウクレレが弾けることを売りにしています。

嘘じゃないの?って思いますよね?
ですが本当に、楽譜が読めなくてもウクレレが弾けるようになるんです。

主には、ドレミがわからない人でも弾き方がわかる特殊な楽譜と、 講師の映像を使ってウクレレの練習を行っていくのですが、映像をみるだけで弾き方がわかるので、 本とにらめっこする必要がありません。

映像をみて、見たままにウクレレを弾く練習を続けるだけで、ウクレレが弾けるようになります。

初心者にとって難関だと思われる練習も、ウクレレがすぐに弾けることがモチベーションにつながるため、 挫折する心配もほとんどありません。



このように練習方法を工夫することで、
辛い練習なしでウクレレを上達させる方法もあります。

ご紹介しているのは講座の教材であるため、講座を受講する費用が掛かってしまいますが、 半年も1年も教室に通わなくても済むことを考えれば、むしろ割安だったりします。



ウクレレはつらい練習をしなくても上達できます。

ウクレレを弾くことを楽しみたいのであれば、
先に挙げたような講座を利用するのも手だといえるでしょう。

練習がつらくて、ウクレレを弾くのがイヤになってしまうという本末転倒な事態になるのを避けられます。

最初だけは、きちんとウクレレを学ぼう

もしあなたがウクレレでいろんな曲を弾けるようになりたいと考えているのなら、 最初だけはきちんとウクレレを学び、テクニックや知識を身に付けるようにしましょう。

いきなり独学で始める人もいますが、
独学だと誤った弾き方を覚えてしまったり、ある程度まで上達するのも時間がかかります。

ウクレレの習得には効率が悪い上に、必要な知識をきちんと身に付けられなかったり、 誤った弾き方の癖をつけてしまう恐れもあります。

できるだけ費用をかけずに始めたいという人もおられるのかもしれませんが、 最初の基礎だけは、ウクレレ教室へ通うなり講座を受講するなりして、きちんと身に付けるべきです。



逆に、きちんとウクレレの基礎やある程度のテクニックを身に付けた後では、独学でも問題ありません。

そのレベルになるころには、
ウクレレの楽譜も完璧に読めるようになっているでしょうし、練習の仕方も心得ています。

そんな方であれば、市販のウクレレ教本を利用しての練習も、スムーズにいくはずです。



繰り返しますが、できるだけ費用をかけずにウクレレを練習しようと独学したりすると、 沢山の時間と気力を無駄にしますし、結局教室に通うことになったとしたら、独学に費やしたあれこれがまるっきり無駄になります。

効率的に、また費用や時間を無駄にせずにウクレレを上達させたいのなら、 最初だけはきちんと学べる環境でウクレレを練習するようにしましょう。

結果的に、それが一番早くて安上がりなやり方だといえるかもしれません。





Copyright (C) 2020 音楽経験ゼロでもできるウクレレ講座 All Rights Reserved.
TOP